コンフェデレーションズカップ・ドイツ大会

グループリーグA組の最終戦
ドイツが得失点差でアルゼンチンを上回り、A組1位で準決勝進出を決めた。

グループリーグB組の準決勝進出をかけて、
明日未明(3時35分フジテレビLIVE放映)日本代表とブラジル代表が対戦する。

夜中のスポーツ観戦に慣れてきました(*^^)v
1次リーグ最終戦に臨んだ日本は世界王者のブラジルと惜しくも2−2で引き分け、金星を逃した、B組で1勝1敗1分けの日本は得失点差でブラジルに及ばず、3位で4強入りは成らなかった。残念!

ブラジルの主役はキャプテン・ロナウジーニョ。
前半10分にドリブルの独走からロビーニョの先制点をアシストし、前半32分には
ロビーニョの左からのクロスを押し込んだ。シュートはブラジルが日本の倍以上放ったが、決定機の数では日本も見劣りしなかった。

日本の中村俊輔は素晴らしかった。
川口も良くセーブした。、MF中村の鮮やかなミドルシュートで追いついたが、5分後に再び失点。88分に途中出場のFW大黒の2試合連続ゴールで再度同点として、世界王者相手に食い下がったが、あと一歩及ばなかった。日本のブラジル戦通算成績は2分け5敗となった。


 
 
準決勝は25日(日本時間26日未明)にドイツ(A組1位)−ブラジル(B組2位)
26日(同27日未明)にメキシコ(B組1位)−アルゼンチン(A組2位)