日本、W杯出場決定 2−0で北朝鮮降す
サッカーの06年ワールドカップ(W杯)
ドイツ大会出場に王手をかけていた日本

バンコクスパチャラサイ国立競技場

アジア最終予選B組第5戦で北朝鮮を2−0で降し、勝ち点3を加えて通算4勝1敗、勝ち点12としてB組2位以内が決定
上位2位以内に与えられるW杯出場権を獲得した。


※開催国として予選を免除されているドイツを除いて日本は予選突破第1号となった。


日本のW杯出場は3大会連続3回目。


日本は後半28分、相手ゴール前のクリアボールをFW柳沢がボレーで決め、先制。(相手のクリアのミスを見逃さなかったゴッツァンゴールでした)
同44分、FW大黒が相手GKとの1対1を制し、決定的な2点目を奪った。
(往年のイタリア代表スキラッチを思い出させるオフサイドぎりぎりのラッキー・ゴールでした)
何れも今の日本代表の点の取り方のスタイルではない、昔懐かしいゴールでした(*^^)v