シャラポワが4強進出
◇8日目◇28日◇ロンドン郊外のオールイングランド・クラブ
世界2位のマリア・シャラポワが連覇に残り2勝となりました。
同8位のナディア・ペトロワ(23=ロシア)に7−6、6−3のストレート勝ちを収め、芝コート22連勝でベスト4に進出した。女子は4強が出揃いました。

テレビ観戦・・・接戦の第1セットはドキドキしながらの観戦でした
ストレート勝ちとはいえ1時間26分を要し、簡単な試合ではなかった。

見応えのある頭を使った大人のテニスで女王の貫録と
勝利の瞬間妖精の笑みを見せてくれました。
すごい、負けない、美しい!

 

第3シードのアメリ・モレスモ(仏)は、昨年全仏覇者のアナスタシア・ミスキナ(ロシア)に6―3、6―4で快勝。

第1シードのリンゼイ・ダベンポート(米)はスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)を7―6、6―3で、

4年ぶりの優勝を狙うビーナス・ウィリアムズ(米)はマリー・ピエルス(仏)を6―0、7―6で下した。


 準決勝はシャラポワ対ウィリアムズ、ダベンポート対モレスモの顔合わせです。

シャラポワ ガンバレ!!


シャラポワ、ビーナスにストレート負けで連覇ならず 残念!
第1シードのリンゼイ・ダベンポート(米)は5年ぶりに決勝へ進んだ。


2日の決勝で2度の優勝経験を持つビーナス・ウィリアムズ(米国)と顔を合わせる。2人の決勝対戦は5年ぶり。
のぞみをダベンポートに繋げたい。