男子大会

バレーボール界の頂点を決定する4年に一度の世界大会です。
今日からは男子大会です
2006世界バレー男子大会第1次ラウンド(11月17日〜22日)*1
さいたま・福岡・長野・仙台の4会場で開幕され、全日本は、さいたまスーパーアリーナで、エジプト・中国・プエルトリコ・アルゼンチン・ポーランドと戦います

【参加チーム】

【全日本選手紹介】
【速報】

【PoolA】
11月17日 全日本はエジプトと
11月18日     中国
11月19日     プエルトリコ
11月21日     アルゼンチン
11月22日     ポーランド
と戦います。

ベテラン 齋藤信治荻野正二
栗原圭介越川優直弘龍治千葉進也尾上健司阿部裕太鈴木寛史田辺修増野彰山村宏太松本慶彦 選手の活躍を期待しています。
チームの司令塔朝長孝介、スーパーエース山本隆弘リベロ津曲勝利、大型新人石島雄介、 初選抜の高杉洋平選手も頑張れ!
女子に負けず決勝ラウンドに勝ち進んで欲しいです。

【日本戦の見どころ】

【全日本男子写真・速報】



【TBS世界バレー】【全日本メンバー】

f:id:akaibara:20061114224409g:image

*1:参加24チームが抽選の結果に基づき、A、B、C、D4つのプールに6チームずつ分けられる。
各プール内で総当たりのリーグ戦を行う。つまり、第1次ラウンドでは各チーム5試合を行う。