上川徹さん二度目の笛

イングランド戦で主審
 【フランクフルト13日時事】
国際サッカー連盟FIFA)は13日、3試合が行われる15日の担当審判員を発表し、上川徹氏がイングランド−トリニダード・トバゴ戦(ニュルンベルク)の主審に決まった。一緒に組んでいる広嶋禎数副審も同時に担当する。
 上川、広嶋両氏は開幕日の9日、ポーランド−エクアドル戦を担当。その内容が評価されて2試合目が決まり、「複数の試合でやりたい」(上川氏)と話していた思いが実現した。イングランドはファンも多く世界中で注目される一戦になる。
 上川氏は2大会連続でW杯に主審として参加しているが、前回は1次リーグ1試合のみの担当だった。同一大会で2度主審を務めるのは日本人で初めて。
今日のジャッジユニホーム(蛍光黄色)は上川さんに良く似合っていました満足です。
【上川徹審判】


f:id:akaibara:20060412111657g:image