『修理依頼』

f:id:akaibara:20070804130716g:image

HDDが壊れた!
5月25日(木)パソコンを起動
その時歴史が動いた
*1
ではなく“その時画面が真っ黒”


「次のファイルが存在しないかまたは壊れているためWindowsを起動できませんでした
\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEMオリジナルセットアップCDーROMからWINDOMSセットアップを起動してこのファイルを修復できます」


いろいろ対処してみたが、エラーコメントが出たので、頼りになるバイオカスタマーセンターへSOSの℡

リカバリーCDも自宅では作動しないため、その場で修理依頼
□パソコン本体
□保証書
□リカバリーディスクCD
□VAIOカルテ(購入時に付いてくる)
  を用意


※新しいパソコンに買い換えようとも思いましたが、次女の所有品(本人はInternetのみ)なので一先ず修理をすることにしました。
購入(2002年4月)から4年経過時々異様な音を発する時も・・・。
寿命かな?と思っていました。

27日(土)9:00〜12:00
パソコン集荷業者(日本通運)の救急車でSONY湘南へ入院

29日(月) SONY湘南より℡
「ハードディスクを交換します、現在の容量80GBは無いので120GBになります
HDD(S-AP/120GB)修理代は\26000(部品代金)+\13000(技術料)\1950(消費税)
合計\40950です」(丁寧な搬送なのに送料は含まれていませんでした)

6月1日(木)12:00〜15:00(13:00)
パソコン集荷業者(救急車と同じ人)により退院

御連絡欄
動作確認/動作チェックいたしました。
ハードディスクは出荷時の状態に戻させていただきました

お陰で不要物も排除され動きも軽くなりました。

こんな事もあろうかと、4年間使用の「インストール・ファイル」「インターネットお気に入り」その他諸々をCD−ROMにバックアップしておきました。


その中の必要だったファイルだけを、ぼちぼちコンピューターに戻していきます。
パソコンにはいろいろ勉強させて貰ったので、これからはシンプルに活用していきます。

生まれ変わったパソコンを、徐々に使いやすかった初めの設定に戻していきたいと思います。
もう一度設定の勉強が出来ます。

【一週間パソコンから離れて】
旅行中は何でもなかったのに1日、2日はパソコン中毒の禁断症状が現れ、夢の中でパソコンをしていました。

後は天性のプラス思考と前向きの性格で切り替え
日頃手抜きの家事(納戸の整理、手の込んだ料理)昨年製造の梅酒のビン詰、稽古に精出し
パソコンのない暮らしが心地よくなりました。

携帯電話は持たない主義なので、日頃見かける携帯電話中毒らしい人を見かけると、文明の利器が無かった昔が懐かしくなりました!

f:id:akaibara:20061127134851j:image

【HDDが新規に】

*1:[http://d.hatena.ne.jp/akaibara/20060316:title=【赤い薔薇日記・その時歴史が動いた】]