第16回全日本ユース選手権

札幌と東京ヴのユースが決勝進出 
全日本ユース選手権(日本サッカー協会主催、朝日新聞社共催)
8日、東京・国立競技場で準決勝があり、東京ヴユースと札幌ユースが決勝に進みました。
クラブ勢同士の決勝は2年連続3度目です。


日本クラブユース選手権(8月)優勝の東京ヴユースは、前回優勝の広島ユースを下し、読売クラブユースとして準優勝した94年以来、11年ぶりに決勝へ。
ユース2冠に王手をかけました。

札幌ユースは、滝川二高(兵庫)に競り勝ち、5回目の出場で初の決勝進出。
北海道、東北のチームが決勝へ進むのは初めて。

札幌ユース2―1滝川二高(兵庫)
     (1―0、1―1)

東京ヴユース3―2広島ユース
     (1―0、2―2) でした。

ともに初優勝を目指してがんばれ!
 決勝は10日午後1時、埼玉スタジアムでキックオフされます。