花しょうぶ

雨に似合う花Ⅱ

東京堀切菖蒲園は人出でにぎわっています

堀切の花菖蒲(ハナショウブ)は江戸名所の一つとして古くから知られており、その景観は安藤広重や歌川豊国らの錦絵の題材にもなりました。
花の種類も約2百種6千株に及びます。
江戸時代の有様をしのびながら、数多くの江戸花菖蒲を鑑賞できるのが特色です。花の見頃は、6月中旬で、特に早朝や雨の日にしっとりとぬれた花菖蒲は情緒のあるものです。